BLOG

BLOGブログ

8

costume meeting

こんにちは。CAJITSU広報担当のshi-chanです。

studio CAJITSUといえば、お洒落な空間もそうですが、
よくお客様や業界関係者の方々に言われるのが

「衣装・ヘアメイクにすごくこだわっている」ということです。

キッズスタジオでは、私服でありのままの自然体の姿を撮影していくスタジオさんも多いですが、せっかくの特別な撮影ですから

CAJITSUでは【空間】【衣装】【ヘアメイク】のすべてをその子の<らしさ>を引き出しながらご提案しています。

この3つがマッチすることで、1枚1枚まるで作品のような写真に仕上がるのです♪

CAJITSUでは、女の子・男の子のドレスやスーツ、七五三のお着物、アクセントになるファッション小物などたくさんのコーディネートアイテムをご用意していますが、
中でも、お誕生日や家族写真、七五三など幅広い記念撮影のシーンで人気なのが、
「Maria et Mariee Kids」で制作いただいているコスチュームです。

===============================
「Maria et Mariee Kids」

ウェディングドレスショップMaria et Marieeのkids line。
レースやリネンを使ったナチュラルでどこかアンティークな雰囲気の繊細な仕上がりのドレスやスーツ。
ウェディングドレスブランドだからこその「ホワイト」を基調としたドレッシーな雰囲気の中に、シルエットやレース使いで子供らしいキュートな雰囲気をプラスした衣装デザインが特徴です。

instagram
https://www.instagram.com/maria_kids_dress/

HP
https://www.maria.mn/
===============================

CAJITSUで使用する衣装は、カジツ側からデザイン提案、指示させていただき、「Maria et Mariee Kids」のに衣装製作をお願いしています。

製作担当の方と定期的にミーティングをしながら、ディテールや生地、カラーなど細かい部分を決めていきます。

「撮影したときにどのように映るのか」
「顔回りが華やかになる首回りのデザイン」
「スタジオのコンセプトや空間に合うデザインか」
「デザイン性と着心地、お子様が動いた際の服の動きなど、シルエットの出方」
「ママやパパはもちろん、衣装を着るお子様も気に入ってくれるデザインか」
など、
写真の写り方から、お客様の好みや傾向なども踏まえて現場の意見を取り入れながら
1つ1つの衣装デザインを進めています。

より特別感を感じてほしいので、
「他のキッズスタジオにないようなコレクションライン」
「カジツでしか着ることができない、表現することができないようなデザイン」
などもとても意識しているポイントです。

「普段はカジュアルな恰好が多いから着慣れないドレス着こなせるかな・・・」
「カラフルな服ばかり着せてるけど、似合うかな・・・」
そんな風にいっていたお客様も、いざお子様がドレスアップして変身した姿を見ると大興奮!!

そして、衣装を着たお子様も
「このまま着て帰りたい!」とお気に入りになることが多いんです♪

写真撮影の時間や仕上がった写真も大切な記念になるのはもちろんですが、
「特別な衣装を着て、普段と違った姿に変身できる体験」
も、お子様自身や、ご家族にとってもとっても素敵な思い出になること間違いなしです♪

女の子のドレスだけでなく、ユニセックスで着れるセットアップなどたくさんの種類の衣装をご用意しています!

HPに掲載していない衣装も順次新作が入荷しておりますので、是非気軽にお問合せくださいね!

costume
https://studio-cajitsu.com/costume/

RELATED

関連記事

PAGE TOP